バックナンバー 投球成績 打撃成績
入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

東京都西支部 秋季大会
対戦相手 1回戦:昭島ボーイズ
2回戦:昭島ボーイズ(2試合先取で優勝)
場所 1回戦:関東村 2回戦:諏訪第二G
月日 2006年10月29日(日)、2006年11月4日(土)

 1回戦(10/29) 1 2 3 4 5 6 R
■ 世田谷タイガース 1 4 1 2 - - 8
■ 昭島ボーイズ 0 0 0 - - 0
バッテリー 本塁打 4回コールド
登坂−遠藤

 2回戦(11/4) 1 2 3 4 5 6 R
■ 昭島ボーイズ 0 0 0 0 0 3 3
■ 世田谷タイガース 1 2 0 0 0 4
バッテリー 本塁打 6回サヨナラ
石川ー遠藤 2塁打:石川、川    口、乾

先般の横浜市長旗争奪神奈川大会では、新チームとはいえ6年生主体だった事は否定できない。
この西支部秋季大会は、そういった意味では5年生以下で試合に望むこの大会こそ新チーム発足と言うに相応しいものとなった

〜1回戦〜
 打っては、昭島先発の渡辺君を完全攻略といった感じで、11安打8得点(乾、川口は共に3-3安打で猛打賞)、守っては世田谷先発の登坂勇生が4回を62球わずか2安打に抑える好投を披露した。

〜2回戦〜
 初回、4ボールで出塁の1番遠藤を4番石川が左中間を破るタイムリー2塁打で先取点こそもぎ取るが、後続を断たれ1点止まりに。続く2回はまたも4ボールで出塁の7番小林慶馬を塁に置き2アウトから1番遠藤の内野安打、2番乾のセンターオーバーの2塁打等で2点追加。
 投げては先発の石川が5回までに毎回7奪三振にきってとり、ノーヒットのオマケつき!
ある意味、ベンチでも緊張感が走った最終回。先頭打者がエラーで出塁すると、続く2/3/4番と3連続安打を献上、たちまちゲームは振り出しに・・しかもノーアウトで逆転のランナーを2塁におく絶対絶命のピンチに追い込まれた。しかし、この場面は石川が持ち前のスピードとコントロールで踏ん張りを見せ、5番赤井君を三振で1アウト、続く6番天谷君をセカンドゴロ→4-3-5・・サードでフォースアウトのオマケもついてかわし最後の攻撃に望みを繋ぐ。
先頭打者があっさりセカンドゴロに打ち取られながらも、1番からの好打順で、遠藤hit!→乾hit!→最後は4年の大砲、川口凌が左中間へさよならタイムリー!(4番石川が悔しがる・・)頼れる3番が結果を出した

2試合を終えて12残塁。タイガース打線も現段階ではそれぞれのカラーがはっきりしている。が今はこれでいい。一冬越えて選手たちをどのように変化させるのか、は我々指導者の重大な責任だからである(堀 秀人)