バックナンバー 投球成績 打撃成績
入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

練習試合
対戦相手 相模原イーグルス
場所 諏訪第二G
月日 2007年4月8日(日)

 1試合目 1 2 3 4 5 6 R
■ 世田谷タイガース 0 0 0 1 - - 1
■ 相模原イーグルス 6 1 5 × - - 12
バッテリー 本塁打
登坂→小林−遠藤 2塁打:小林
     登坂

 2試合目 1 2 3 4 5 6 R
■ 相模原イーグルス 1 0 0 0 2 1 4
■ 世田谷タイガース 2 3 1 0 0 × 6
バッテリー 本塁打
石川ー遠藤 - 2塁打:小林
3塁打:遠藤(大)

 昨年度最終戦、11月にやはり諏訪グランドで2試合を行ったが、結果は1勝1敗。その時はイーグルスは6年生主体だったので力の差は歴然であったが、イーグルスも新体制となっての初戦。タイガースとしては、一昨年優勝/昨年準優勝の結果を残している、「関東ボーイズリーグ制覇」に向けて、戦力分析を行う大事な試合であった。春季大会ベスト4のイーグルスに胸を借り、どこまでやれるか楽しみな一戦となった。

〜1試合目〜
 初回イーグルスの攻撃、4本のシングルヒットと4ボール/エラー等で一挙6点を献上。先発登坂は苦しい立ち上がり。2回もヒット3本を許すが、味方の好守備もあり1点に抑える。が、3回先頭打者と次打者を連続4ボールで歩かせた時点でマウンドを小林へバトンタッチ。しかし、変わった小林も連続安打やフィルダースチョイス等で5点を失う。
 攻撃では、遠藤(誠)、小林、登坂がそれぞれ放った散発3安打のみ。いつもの打線も意気消沈。。3/4番で合計3三振では点はどうやっても入らない・・

〜2試合目〜
 この日、監督代行として指揮をとった私から試合前に選手たちへ一言。
「やれる事をやってこい。出来ない事をやってこいとは言っていないよ。」選手たちが大声で呼びかけに応える。
 初回、ここ最近打撃絶好調の2番小林慶馬がレフト線を破る2塁打を放ち、5番乾将太朗がタイムリーを放ち先制点を挙げる。2回、7番太田雄大がレフト前で出塁、8番井上圭がショートのエラーを誘い1,2塁とすると、ベンチの期待に今1番応える遠藤大誠が右中間を破る2点タイムリー3塁打を放つ。頼もしいの一言に尽きる。3回も4ボールで出塁の乾を下位打線が手堅くゴロを放ち、その間に1点追加。
 守りでは、先発石川亮が8案打を喰らうも、ヒットで出たランナーを牽制で仕留める等要所を抑え食い下がるイーグルス打線を89球、気合で押さ込み完投で締め括った。

 この日、頼みの3・4・5番が打線で全く機能しなかった。(2試合合計でこの3人合わせヒット1本のみ)しかし、2試合目は下位打線が奮起した結果勝利に繋がった。野球はチームスポーツ。誰に頼ることなく、チーム一丸となって勝つことに拘った2試合目を戦った時の気持ちを常に持ち合わせ忘れないで欲しい。あいつの分は俺が取り返す、そして次の奴に託す、頼む・・・・大切な気持ち。

 関東ボーイズ大会、我々の前にイーグルスが大きく立ちはだかる事は間違いないだろう。
本番まであと僅か。最高の舞台で最高のプレーを選手達に期待する。(堀 秀人)