バックナンバー 投球成績 打撃成績
入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

練習試合
対戦相手 流山クラブ
場所 諏訪第二グランド
月日 2007年6月10日(日)
  1 2 3 4 5 6 R    
■流山クラブ 0 1 1 0 - - 2    
■世田谷タイガース 2 0 1 × - - 3    
バッテリー 本塁打  
登坂-遠藤 2塁打遠藤(誠)、    川口
 いよいよ今月末に迫った選手権大会東京都支部予選。時期同じく、来週から千葉県予選がv始まる流山クラブをタイガース諏訪グランドに迎え、練習試合を行った。関東大会、埼玉大会とメジャー大会を尽くコールド負けを喫しているタイガース。流山クラブとは関東ボーイズ大会前に対戦しており実力はほぼ互角。コールド負けをバネに選手も我々も初心に帰り1から出直した1ヶ月の結果を確かめたかった。
 初回、2安打を喰らうも牽制と内野ゴロに仕留め無失点で切り抜ける。先発登坂の調子がいい!初回から流れをつかんだタイガース。すると先頭打者遠藤誠一郎がいきなり左中間を抜けようとする強烈なライナーをショート椎名くんがダイビングセーブ。流れはまだか、と思った瞬間、スーパー遠藤ジュニア2番遠藤大誠がレフト前ヒットで出塁、3番川口が左中間へ2塁打を放ち大誠をホームへ還し、尚も4番石川は低めを上手くすくいセンター前へ弾き返す。5番乾の犠牲フライで川口が生還。効率よく2点を先取する。上位打線で初回得点の目的は達成された。2回、好守備を見せた5番椎名くんがレフト線に2塁打を放ち1アウト後、7番石田くん、8番大橋くんと真ん中甘く入ったストレート(主審は私・・)を同じくレフト前に弾き返され1点を献上。タイガースとの大きな違いは下位打線が機能して点がとれる事。しかし、9番門伝くんのあたりを6-4-3のゲッツーで交わし後続を断ち切った。2回タイガースの攻撃。「淡白に終わらせるなよ!」と7番からの下位打線。3者内野ゴロであっさり3人で終了・・。ここは課題が残ったままだ。3回内野安打と走塁、犠打で1アウト3塁の場面、4番をショートゴロに仕留めたがファースト石川がこれを送球をエラー。これが響いて3塁ランナーが生還同点に追いつかれる。追いつかれたら再び引き離す。1番からの好打順、1番遠藤誠一郎が今度はきっちりレフトオーバーの2塁打で出塁、2番遠大がきっちり送り(犠打)3番川口がセンター前へタイムリー。セオリー通りの野球が出来ている。期待がかかる場面で4番石川、5番乾がそこに続けないのが痛いところだ。
 4回、流山の攻撃を3人で切ってとった時点で、空模様が悪化・・雷がゴロゴロと始まったので一時試合中断、15分位経過した後台風のような雷雨が諏訪グランドを襲う・・
 結果として雨天中止となってしまった。流山クラブさん、遠いところをお越しいただきありがとうございました。選手権大会予選、お互いに頑張りましょう!