バックナンバー 投球成績 打撃成績
入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

2007年東京都西支部秋季大会・決勝
対戦相手 小平ボーイズ
場所 関東村グランド
月日 2007年11月25日(日)
  1 2 3 4 5 6 R    
■小平ボーイズ 1 0 0 0 - - 1    
■世田谷タイガース 1 1 5 × - - 7    
バッテリー 本塁打  
小黒-稲毛田 3塁打:川口
 長い長いトンネルをようやく抜け出したか・・練習試合にめっぽう強いタイガースが約半年ぶりのタイトルを手に入れた。

 秋季大会決勝は昭島ではなく小平が勝ち上がってきた。5年生以下を中心とした、言わば1年間こらえにこらえて”先”を見越してチーム作りに専念してきた結果ではないだろうか。過去の対戦結果は全く無視し
全力で勝ちに行く事しかタイガースは考えていなかった。
 初回、外野のまずいミスもありいきなり先制点を許すが直ぐ裏の攻撃で2アウトから内野安打で出塁の遠藤誠一郎を新キャプテン川口がライト頭上を強烈に襲う3ベースタイムリーを放ち試合を振り出しに戻す。2回の攻撃では打撃好調の太田が先頭打者で出塁、坂部が4ボールを選び2アウト1・2塁の場面で旧キャプテン乾がセンター前へ弾き返す逆転のタイムリー!新旧のキャプテンがチームを勝利へ導く。3回は相手投手のスタミナ切れか、4ボールを巧みに選びランナーをためて井上圭の絶妙なスクイズが2ランで決まり試合を決定づける。
 投げては、エース小黒真輝が4回を27球/散発4案打と背番号に恥じない結果を残した。

 結果を見れば4回コールドゲームだが、小平も新戦力が加わり今までに増して手ごわい相手となった。あの1球、あのプレーが無ければどうなっていたことか・・実際に試合を見ることが出来なかった私宛に届いた情報である。
 相手チームだけに新戦力が加わったわけではない。我タイガースにも堀内修平、秋山彪雅といった野球小僧が新戦力して加わっており、又殆ど実力僅差の4年生が甘んじてベンチを暖める状況になっておりこれからレギュラー争いが過熱する事は間違いがない。
 頑張って試合に勝てたのは選手達の頑張りがあったこそ!4本あった優勝旗の残り1本をよくぞ選手達は守りぬいたと選手を褒め称えたい。

 何はともあれ、今年最後の試合を勝利で飾れた事は本当に嬉しい。我々指導者にとって、今年1番辛かった事は、試合に負けて泣きじゃくる選手達の素顔を見ることであった。負ける事から沢山の事を学んで今日の勝利を手に入れた・・というには程遠いと思うが、それでもこの優勝で見せた選手達の笑顔が我々指導者にとって最高の贈り物になっている事に間違いない。(堀 秀人)